小鹿酒造

特別限定 美し里 (うましさと)

特別限定 美し里 (うましさと)
原料 さつまいも/米麹(国産米)
度数 25度
容量 1800ml
蒸留 常圧蒸留
白麹・黒麹

さつまいもは畑から掘りとると傷みが早く、成分の変化が起こり、焼酎の香味に直接影響してきます。それが「いも焼酎は臭い」といわれる原因でもありました。そこでできるだけ新鮮なままのさつまいもを使うため、畑から掘りとってすぐに蒸して仕込みました。また、香りを造る白麹とうまみを醸す黒麹を併用しました。いも臭い焼酎ではなくいも焼酎の香り豊かな焼酎です。

おいしい飲み方

【お湯割り】

美し里:お湯を5:5で。必ずお湯から入れます。ほのかな香りが漂います。口に含むとコクある甘さが広がります。コクがあるのに後味がすっきりしているのが美し里の良さです。

 

【ロック】

お湯割りが美味い美し里ですが、ロックもなかなかのものです。これも2つの麹で造った原酒をブレンドした賜物。大きめの氷をロックグラスに入れ、氷に直接かけないように美し里を注ぎます。ロックですが、少しだけ水を入れたほうが甘さが引き立ちます。

おつまみ

いも焼酎の特性上、あっさりしたものより味の濃いものの方が相性がよいです。鳥の手羽先を甘辛く煮たものがおいしいです。また、田楽味噌を普通より甘く作っておくと、里芋などにかけたり、豆腐田楽にするなど便利です。

ロックの時は、特にお勧めは「いもようかん」。ウイスキーにはチョコレート、いも焼酎にはいもようかん。これはハマるとやめられなくなります。

豆情報

「美し里 (うましさと)」という名前は、小鹿酒造のある旧「肝属郡吾平町(きもつきぐんあいらちょう)」(現在は鹿屋市吾平町)がキャッチコピーとしていた「美し里 吾平」からとったものです。 鹿児島って、地域名とか人の名前とか、本当に読みにくいことが多いんです。わざととしか思えないほどです。薩摩藩が幕府側に情報が簡単に漏れないように言葉を難しくしたということですので、難しいのも当然かもしれません。


facebook
ページトップへ