小鹿酒造

鹿児島焼酎 小鹿 1800ml

鹿児島焼酎 小鹿 1800ml
原料 さつまいも/米麹(国産米)
度数 25度
容量 1800ml
蒸留 常圧蒸留
白麹

小鹿酒造の焼酎の中で、最も愛されているレギュラー酒。新鮮で良質なさつまいも「黄金千貫(コガネセンガン)」を用いた、ふわっとした香りと、ほのかですっきりとした甘さをもち、毎日の晩酌にも飽きのこない芋焼酎です。

おいしい飲み方

【お湯割り】

いも焼酎は温かく飲むのがおいしいんですが、一番手軽なのはお湯割りです。まずグラスにお湯を入れます。5:5のお湯割ならお湯が80ºCから90ºCになるまで冷まします。そして焼酎小鹿を注ぎます。お湯割りは40ºCから50ºCになるようにするのがベストです。6:4、7:3の時でもこの温度になるよう、お湯の温度を調製してください。

なお、お湯は水道水ではなく、井戸水や飲用の湧き水、市販のミネラルウォーターを沸かしたものにしてください。お湯割りのお湯専用ポットを用意すると便利です。

 

【水割り】

焼酎小鹿の水割りは、思わず飲み過ぎるので注意が必要です。少し濃い方がいいでしょう。飲み易すぎてちょっと物足りないかもしれません。

 

【お燗】

お銚子に焼酎:水を5:5で入れます。これを日本酒でいう熱燗(50ºC弱)にしてください。お湯割りで感じることがあるアルコールの刺激が弱まり、甘露になります。

おつまみ

一般的ないも焼酎同様、濃厚な味付けの料理によく合いますが、焼酎小鹿の場合、日々の晩酌に飲んでもらうために、ぎりぎりまで雑味を抑えてあります。ですから、どんな料理でも料理の味わいを損なうことがありません。

簡単なおつまみとして、油揚げを直火にあぶって、刺身醤油(これ重要)をかけたものが結構合います。火にあぶるとき、油がはねるのでやけどにご注意ください。また、ガスレンジが汚れて奥様に叱られないよう、きれいに拭いておきましょう。

豆情報

焼酎小鹿1800mlのラベルには、紅葉と枯山水がデザインされています。この雰囲気から「小鹿のラベルには鹿の絵が入っている」と思っておられる方々が結構いらっしゃいます。しかし、文字はありますが「鹿はいません」。

その他、「『猪鹿蝶』ですね」とか、「花札みたいですね」とか言っていただくのですが、猪も鹿も蝶もいません。花札…ちょっと似てるかもです。


facebook
ページトップへ